エクササイズで内もものダイエットをする

エクササイズで内もものダイエットをするために、クッションや柔らかいボールを足の間に挟むという方法があるといいます。内転筋という内ももにある筋肉は、腹筋とも関係のあるところです。お腹周りもすっきりするだけでなく、内ももの筋肉を発達させることによって姿勢も改善するようです。ダイエットをしている人中でもバストサイズを落とさずにダイエットをしたい人は、内もものエクササイズで下半身をダイエットをすると良いでしょう。横向きの姿勢になり、両脚にクッションかボールを挟みましょう。頭を下側の腕の上に乗せ、体を反対側の手で支えながら、床から10㎝ほど両脚を上に上げます。内もものダイエットに効果的なのは、足を息を吐きながら持ち上げ、息を吸いながら足をおろすという動作を何度もすることです。だいたい右と左それぞれ10セットずつやると効果があります。内もものダイエットの中でも、道具を使わない方法が、1分足閉じダイエットと呼ばれるものだといいます。お尻には中央にえくぼができるくらい、太ももを内側に寄せて足を閉じ、力を入れて20秒程度キープします。エクササイズを座ったままの姿勢で行場合には、1分間内もも、ひざ、ふくらはぎの中央、かかとまでをぎゅっと、くっつけた体勢を維持します。まったく同じ動作を1日に20回ずつするのがおすすめです。肩こりや冷え症の改善、骨盤の矯正効果もあると言われており、内もものダイエットに有効なだけではないようです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ