体型にコンプレックスを持っている人

体型にコンプレックスを持っている人は、悩みを聞くと結構たくさんいます。どんな服を着るかによって、実際の体型と異なる雰囲気を演出することができます。服の着こなしは、どんな体型にも適用できるものがあります。基本を押さえておくことで、様々なシーンにあてはめられます。自分の体型からまとう衣服を判断するには、総合的にチェックすることです。細部に目を向けず、あえて全体的な印象を見るようにします。全体を見て、バランスを整えるような衣服を選択することが、気になる体形のフォローをするよりはいいでしょう。自分の体型にはどんなラインの服があっているかも、コーディネートを決めるためには役立ちます。着用した時のシルエットがアルファベッドのIに近くなる服を、Iラインと呼びます。Iラインは、ふくよかなラインの人が細い体型に見えるというメリットがあります。Xラインのファッションは、茶筒体型が悩みの種という人に向いています。腰周りを絞って、裾が広がるスカート、広がりのある袖などでシルエットが構成されます。Aラインの服は、下半身の体型に自信がないという人のお悩みにお答えします。上半身を細く見せることで、下半身の体型に目を向けさせないような、下にいくにつれてふくらんで見える服になります。人によって、どんな体型が悩みかは異なっていますが、服の着方次第で解決策を提示することは可能です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ